プーマのJapan Fitは甲高幅広ではなく甲低幅広!

左右でカラーが青と赤で違うところが昔の特撮変身ヒーローみたいでカッコいいので目に留まったプーマのランニングシューズ、スピードライト。

派手な色から落ち着いた黒色まで全6色あり、見た目もシンプルな作りで幅が細く見えたのでタイトな履き心地を期待しましたが、Japan Fitというタグが付いていました。Japan Fitとはジャパン専用ラストのことらしく、日本人の足型に合わせたシューズのようです。

スポンサーリンク

プーマのスピードライトはJapan Fitで甲低幅広

スピードライトを選ぶときにJapan Fitかどうかは実物を手に取ってタグを確認するまで分からなかったです。プーマの公式オンラインストアの商品ページにもJapan Fitであることが載っていませんでした。

日本人向けということは甲が高くて幅が広いのかなと思いましたが、Japan Fitと書かれたタグをよく見ると幅は広く甲は低く作られているようです。

26cmを試してみました。スピードライトのサイズはユニセックスで22.5cmから29cmまであります。

私の足の実寸サイズは
右足:足長254mm足囲250mm
左足:足長253mm足囲235mm

カラーは左右で違うのもカッコいいですが今回は落ち着いたブラックを選びました。履き心地はJapan Fitのタグの通り甲部分は緩くなくフィットしますが幅はゆったりしています。踵も緩く感じました。試し履きの時は踵が緩いと感じましたが、しばらく使用してみるとヒールカウンターも硬くフィット性も良かったです。

甲は高くないけど横幅は余裕があった方がいいという方に合いそうなシューズです。

ただインナーソールが滑りやすく横幅も広いので私の場合、足が前滑りしてつま先が気になりました。

部活トレーニングに適しているということでアシックスのライトレーサーと同じような位置づけのシューズのようです。

Japan Fitではないシューズの履き心地

下の画像は同じプーマの「Japan Fit」ではないDescendant v4 Wideというシューズで26cmを試しましたが、Wide(3E相当)ながらスピードライトより踵が緩くなく全体的なフィット感が良かったです。

プーマのランニングシューズのサイズ感

プーマのランニングシューズは他にイグナイト デュアルプロペルをためしたことがありますが、今回試したスピードライト含め足長的なサイズ感は26cmでちょうど良いか、少し余裕があるくらいです。

他のメーカーの現行モデルではアシックスは26cmでは小さいものが多くミズノも26cmではきつく感じることが多いです。しかしウエーブライダーはスリムでも26cmでつま先に余裕があります。

プーマのランニングシューズは幅が狭いというレビューが多い気がしますが、私が試したいくつかのシューズはJapan Fit以外でも他の日本のメーカーと比べて特別きついと感じることはありませんでした。ただ足長的に余裕があってもアッパーの構造によりつま先が狭くなっていると感じるモデルもありました。

もう少し安くなれば幅が広くても狭くてもフィット感の調整が出来るらしいNETFITを試してみたいです。

コメント