ニューバランス PESU(ペース)のサイズ感と履き心地! レビュー

ニューバランスのランニングシューズ、PESU(ペース)です。

ウィズ(足囲)の展開はメンズとレディースともにニューバランスの中では一番細いタイプの1種類ですが、実際に足を入れてみるとタイトさはなく横幅はゆとりを感じラクな履き心地です。

価格はニューバランスの中では低めでカテゴリは「フィットネスランニング」となっており、これから気軽に運動を始めたい方にも向いていると思います。

走力的にはスポーツショップなどではジョギング用となっています。

スポンサーリンク

ニューバランス PESU(ペース)サイズ感と履き心地

サイズ感

PESUのウィズ(足囲)はメンズモデル(MPESU)では「D」、レディースモデル(WPESU)は「B」でそれぞれニューバランスの中では一番細いタイプです。

サイズ展開は0.5cm刻みでメンズでは25.0cm~29.0cm、レディースは22.5cm~25.5cmです。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

私が選んだサイズはメンズモデル(MPESU)の26.5cmです。

他のニューバランスの「D」のモデルでは26.5cmだとタイトな履き心地もありますがPESUは横幅にゆとりがあります。例えば同じ「フィットネスランニング」のカテゴリにあるFLASHはかなり小さく27.0cmを選びます。

PESUのつま先部分は指で押さえると十分な余裕があるように思いましたが実際に履いて動いてみると僅かに小さく感じます。横幅が広く感じるのでホールドが甘く足が前に動いているのかもしれません。

甲の部分も圧迫感はなく踵部も広い作りに感じますが私の場合は踵が浮くほどの緩さではありません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アッパーとソール

アッパーの生地は全体的に薄手です。前足部から中足部あたりまでは柔らかくメッシュ状で通気性も良く感じます。履き口周りとシュータンは低反発な素材になっていいて中足部までとは異なった感触です。

フィット感はラクで軽さもありますが、ガッツリ走りたい方にはホールド性が弱く感じるかもしれません。

ミッドソールは新素材のDYNASOFTが搭載されています。ニューバランスによると「反発性とクッション性に優れ弾むような足裏感覚」ですが、個人的な感想は接地の際にソールの厚みはあまり感じずふわふわとした柔らかさはないです。素材の密度は高くムニュッとした感触で少し弾む感覚はあります。

アウトソールは前足部の外側をラバーで囲まれていて直進だけでなく横方向の動きでも安定性があるようなので様々なトレーニングに向いているかもしれません。

踵のフィット性

踵部はヒールカウンターのようなものは入っていますがガッチリとはしていなくて手で押さえると簡単にしなります。フィット感としては優しくラクですが個人的にはもう少しホールド性がほしいです。また、足の形によっては上部がアキレス腱あたりに触れて気なるかもしれません。

中敷き

中敷きは立体的ではなくフラットでつま先部分と踵部分の厚みが同じで4mmくらいです。足裏の感触は柔らかすぎず個人的には使いやすいです。

最後に

PESU(ペース)は本格的に長い距離を走るにはクッション性やサポート力は弱く感じますが、ソフトでラクな履き心地は軽い運動から始めるには使いやすいランニングシューズだと思います。

ウィズ(足囲)については細めの表記ながらタイトなシューズが苦手な方でも試せるフィット感です。

アウターソールの作りも直進だけでなく横方向の動きにも対応していて価格的にも低めなので部活動にも向いているかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました