アシックス JAPAN S(ジャパンエス)、合成繊維タイプのサイズ感と履き心地! レビュー

アシックスのスニーカー、JAPAN S(ジャパンエス)のアッパー素材が合成繊維/人工皮革のタイプです。

JAPAN Sには補強以外のアッパー素材も皮革になっているモデルがあります。モデル名に区別がなく公式サイトや通販サイトなどの画像をパッと見ただけでは分かりにくいかもしれません。

JAPAN SASICS SportStyle(アシックス・スポーツスタイル)に分類されるモデルでコート系のシューズとしてカジュアルシーンでも使いやすいです。

他のASICS SportStyle(アシックスタイガー)のスニーカーについては以下から

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

サイズ感

サイズ展開は22.5cm~29.0cm(0.5cm刻み)と30.0,31.0cmです。

ウィズ(足囲)はスタンダード(標準幅)の1種類です。

私の足の実寸サイズ

右足:足長254mm,足囲240mm
左足:足長253mm,足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

サイズ感はJAPAN Sの他のアッパー素材のタイプと同じです。選んだサイズは26.5cmでつま先の足長的な余裕は大きめで爪の上側も狭くないです。

ウィズ(足囲)はスタンダード(標準幅)のみでやや細めに感じますが甲の部分は圧迫感はないです。踵部は硬めで緩く感じません。

個人的には普段から使用しているアシックスのランニングシューズでいくつか比べるとスタンダードの同じサイズで小さかったり窮屈に感じません。ASICS SportStyleの他のモデルと比べても足長的には大きい方に感じます。ただ、足の形によって薬指や小指あたりが狭いと感じる方がいるかもしれません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

ちなみにアディダスやナイキのコート系スニーカーも26.5cmを選ぶことが多いですがJAPAN Sの方が足長的には大きめに感じます。プーマのコートシューズでは中敷きがSOFTFOAM+(ソフトフォームプラス)になる前のモデルは26.0cmを選んぶことが多かったです。

アッパーとソール

アッパーは全体が革製のタイプに比べて通気性が良く感じます。足あたりも良いですが外側から人工皮革の補強が広く入ってカッチリ感もあります。アシックスストライプも最近のランニングシューズのように模様だけだったりペラペラではなくしっかりと補強の役割を果たしています。

ソールはふわふわした柔らかい感触ではないですが安定性が悪くならず疲れにくいです。クッション性も普段使いには十分です。

踵のフィット性

踵部は硬めに作られていて緩さも感じずホールド性が高くフィット感も快適です。

中敷き

中敷きは固定式で外せません。履きはじめは足を乗せると個人的に沈むというより部分的に少し凹むような動く感じがします。中敷き自体の厚みは大きくないようで微かな感触ですが敏感な方では気になるかもしれませんし、足裏の形に合わせて収まりが良いと感じる方もいるかもしれません。

最後に

これまでコート系スニーカーはプーマのモデルを好んで履いていましたが仕様の変更などでフィット感がイマイチになったためアシックスのJAPAN Sの出番が多くなっています。アディダスやナイキなど他のブランドも何となく履いていましたがJAPAN Sが個人的につま先に余裕がありながら横幅はルーズにならずしっかりフィットして足に合っています。

ASICS SportSのモデルはラインアップが豊富でそれぞれフィット感や機能性が異なるため選ぶサイズが違うことがありますが、その分いろんな足に合ったシューズが見つけやすいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました